年末年始も油断禁物

振り返ると早いもので、今年もあと少しですね。

お盆とは違って、年末年始は一年で唯一ゆっくりできる長期休暇という人も多いですが、気をつけたいのは心と体の休め方。

今まで見られなかった動画を観まくる、ゲームをしまくる、美味しいものを食べまくるなど、これまでやれなかった好きなことをやり放題できるのは、心休まるひと時です。

しかし、同じ姿勢でやり続けるものも多く、仕事のように緊張感もないので、体の面ではおろそかになりがち。

長期のお休み後は、ストレスはないはずなのに、眼や肩、内臓負担はいつも以上。
精神の疲れは休まるけれど、肉体の疲れは倍増で、普段と違うコリ方で来られる方が多いですが、反対にストレス疲れの主婦が多いのも、長期休暇の特徴ですね。

今年は忘年会がないので、すでに胃腸疲れしている人は少なそうで、年末年始の暴飲暴食も乗り越えられそうですが、来年の仕事始めは月曜という人も多いはず。

連休後、一週間耐えられる休め方を心掛け、よいスタートとなることを願います。