寒さと戦ってはいけない

寒いというだけで、体も冷えやすく血流も悪くなりがちなので、冬は一段と不調を感じやすくなる季節。

お布団から起き上がる時、建物から出た時など、寒いと感じた瞬間グッと体に力が入る機会が一気

に増え、さらには動くのも億劫になりがちになるので、特別なことをしなくても体は固まり気味で、血流が悪くなりやすくなります。

ただでさえ無意識で力む機会が多いのに、常に寒い職場やお家は、より血流にとってはよろしくないことになります。

寒さだけでなく、雪道の運転や歩行時の緊張感なども、夏とは違う肩こりの要因に。

防寒など服装に気を付ける人は多いですが、本当の冬対策はできるだけ肩に力を入れる機会を減らすことも大切になります。

厚着していても寒くて力が入っているようでは、全く対策になっていないと言っても過言ではありません。

温かいものを摂ったり、お風呂で体の芯から温まる機会を増やしたり、防風もしっかりしてくれるアウターで、首周りや頭を冷やさないなど、ただ体を温めるだけでなく、滑りにくい靴の用意なども、冬の不調対策には大切なことです。

寒いと反射的にグッと手を握って力を入れてしまいますが、強い握りは全身にものすごい力が入ります。一瞬力んだ後は、意識的に力を抜くようにするだけでも、体への影響がだいぶ違います。

寒さに勝とうとせずに、脱力する生活を心掛けてみて下さい。