残暑が厳しい時ほど入浴を

暑い日が続くとシャワーだけで済ませたいところですが、今の過ごし方が次の季節に影響を及ぼすことを考えると、冷たい飲み物やエアコンなどでの冷え、むくみは、冬が来る前に解消しておくことが大切です。

血液をうながすセルフケアは、適度な運動やストレッチ、また入浴。

入浴のポイントは、毛穴がしっかり開いて汚れが落ちるくらい、ゆっくりと温まること。
ゴシゴシこするよりもお肌にもやさしく、全身をキレイにすることができます。

まだ、残暑が厳しい季節は入浴後の汗が気になりますが、最後は頭から水を浴びるのも忘れずに。
湯冷め防止だけでなく、引き締めることでお肌のシワやたるみ防止にもつながります。

最後に水を浴びても平気なくらい、しっかりと温まることがポイントです。

夏の夜は、暑さや湿度で思っている以上に熟睡できていない場合も多く、それが日中のだるさにもつながりますが、体の内側から温まった状態で眠れると、翌朝の回復にも差が出ます。

ただ気持ちよく浸かって眠るだけで回復力が上がるのは、血液がしっかり巡っていることによって、新鮮な栄養と疲労物質の交換が効率よく行われるからです。

暑さも残りながら、涼しさを感じるこの時期だからこそ、寒い冬に向けて入浴を心掛けてみてくださいね。