習慣化したい手洗い・うがい・検温

インフルエンザの季節になると騒がれる手洗とうがい。

新型コロナの影響でより注目されていますが、手洗い・うがいは季節に関係なく最低限したい予防習慣です。

そして、ウィルスにかかっているかの目安にもなる体温。
特別具合が悪い時でなくとも、体の炎症状態などを知らせてくれる検温は、カンタンにできるセルフ管理のひとつ。

特に女性は初潮を迎えてから、人生の大部分を生理に支配されるため、男性とは違った体温管理ができるのが強み。

36.00度まで測定できる婦人体温計を使用することで、月経の周期や排卵の管理もできるようになります。

基礎体温測定も特別妊娠を望む時にだけ測るものではなく、毎日の体調管理に役立ちます。

面倒だったり、体温を知ることでかえって具合が悪くなるなど、不都合を感じる人もいるでしょうが、病院に行っても検温が基本であるように、洗顔や歯磨きが当たり前であるように、何かあった時にも特別慌てないように、手洗い・うがい・検温を習慣化しておきたいものです。