「自然治癒力」はすべての人に与えられた生命力

「自然治癒力」というと病気の時のみに働くものと思っている人も多いですが、体を一定のレベルで生かすための能力なので、生きている限り常に働き続ける生命力ともいえます。

例えば、風邪をひいた時「風邪の菌と熱を出して戦う」「菌の死骸を鼻水や痰で排泄する」というのは風邪という病の症状であると共に、自然治癒の一環ともいえます。

寒いときは風邪をひかないように意識的には体を温めるようにしますが、無意識下では「身震いしたり、おしっこで水分を排泄して体温が下がるのを防ぐ」という反応を起しています。

病気になった時だけ「治す」ためだけに発揮されるのではなく、日々病気にならないように「予防」する免疫システムもまた自然治癒力の1つ。

「自然に治して、自然に予防する」自然治癒力は、普段あまり気に留めることはないですが、あらゆる場面で発揮されています。

常に病気知らずのよい状態を保って生きようとしている私たちのカラダ。
そんなカラダにもっと寄り添って生きてみませんか。