大切なことは体が教えてくれる

死ぬことが約束されて生まれてきているにも関わらず、日々必死に生きようとしているカラダ。

カラダは日々ある一定のレベルを保って生きられるよう、無意識下で様々なことをおこなっています。

それは特別なことではなく、「寝たら回復する」「食べたらうんちが出る」「切り傷がいつの間にか治る」など、普段当たり前のことように感じている営みです。

これらが無意識下でできなくなった時、カラダは悲鳴を上げて訴えてきます。

「だるさ」などのちょっとした不調はしだいに「痛み」へと変化し、やがて「病気」へ。

不調は本来の使い方ができていないことへの警鐘でもあり、本来の生きるべき方向を示す道しるべともいえます。

そんな病んだ時にカラダとどう向き合うかは、今後の人生を大きく左右します。
どうするべきか困った時は、まずは自分のカラダに聞いみる。

カラダはきっと想いに応えてくれるはずです。