プラセボ効果

薬効成分を含まない偽薬を処方しても症状の改善がみられることをプラセボ(プラシーボ)効果といいます。

「薬でもないのに効くはずがない」と真っ向から否定してしまう方と、素直に受け入れて効果がみられる方がいますが、これまでおてあてしてきた中でも、信じ良くなりたいという想いが、体を修復する働きをより高める光景はよくみかけました。 

ヒトの体は壊れたからと接着剤でくっつければ治るというわけではありません。
病院では骨折は元の位置に固定してくれ、手術の傷跡も縫い合わせてくれますが、自らの再生力がなければ修復されることはありません。
再生力がなければ、いくら優れた医師の手術も薬も無意味です。

物事は1つの要因で起こることはなく、体が悪くなる時もよくなる時もいつくかの要因が重なった時です。
世の中には科学で証明できないことがまだまだ数多くありますが、自身の心と体、外からの手助けがうまく相成った時、症状が改善していくように思います。
 
外からの手立てはあくまでも手助けであり、一番大切なのは己の自然治癒力。
自分の体を扱っているのは他の誰でもない自分自身ですが、体をどう捉えるかで悪化や回復の早さが違ってきます。
とらえ方を変えることは体に大きな影響を与えるだけでなく、今後の生活、人生までも大きく変えていきます。

つらいと1人で堂々巡りしているなら、まずは一緒に体のとらえ方を変えてみませんか。
病院や薬だけに頼るのではなく、自分の治癒力を体を信じて寄り添うことが回復への一歩です。