花粉症

今年の十勝の春はひどい乾燥と雨不足。
一歩お外に出ればくしゃみや咳き込んでいる人も多く、人も農作物も大変な状況です。

そんな中、数年前は涙と鼻水まみれだった人がケロリとしているのを見ると、メンテナンスの大切さを感じさせられます。

花粉症は一度なったらもう治らないと諦めている人も多いですが、後天的なものの多くはこれまでのストレスや不摂生な生活が原因。

花粉にとどまらず、日光、食物など、食べたり浴びたりしても何事もなく過ごせるのは、体内でうまく解毒してよい成分だけ摂り入れられているから。

うまく解毒して摂り入れられないと、食物アレルギーや日光湿疹など、様々な症状があらわれます。
体内でうまく処理できなくなると、体は通常のシステムで排泄できない、いらないものを体表を通じて排泄しようとします。

先天的なものは元々処理能力が低いことで起こることが多いですが、大人になってからの発症はストレスなどによる処理能力の低下です。

突然あらわれたように思われる花粉症の症状も、実はこれまでの生活とつながっています。
内臓機能低下の回復には時間がかかるので、来年のつらさ回避には、今から少しずつ取組む必要があります。

花粉症も体からのSOSの1つ。
ひどくなると花粉だけでなく様々なものに反応して、全身にさまざまな症状が出始めます。
体からの信号を読み取って、まずは首や肩こりの解消からつとめてみましょう。

すべての症状はつながっています。