てあてやさん流「三日坊主」

「三日坊主」というと悪い印象の方が強いですが、習慣化するためにおすすめしているのが、てあてやさん流「三日坊主」です。

よい習慣の三日坊主は困りますが、悪い習慣は三日坊主しましょうという体づくりの提案です。

通常の三日坊主は、3日目以降は長続きしない意で用いられることが多いですが、てあてやさん流三日坊主は、3日目だけは怠けてもOKというもの。

体づくりで一番大切なのは、これまでの不調となっている原因を見直すこと。
大体は日々何気なくしているクセが原因となっていますが、この何気ないクセを見直すのは大変なこと。

例えば、間食、晩酌、夜更かしなど。
2日続けてしまったら、3日目はお休み。
3日目お休みしたら、4,5日目はまた誘惑に負けてしまっても、6日目はまたお休み。

なかなか習慣化できない原因は、ずっと続けなければいけないと思うからです。
3日間サイクルで考えていくと、徐々にお休みできる日が多くなっていき、少しずつ悪い習慣を変えていくことができます。

ストレッチや運動など、よい習慣を身につけたい時も同じ。
2日間怠けたら、3日目だけは必ずする。
とにかく3日間続けて怠けないことがポイントです。

「お酒をやめなくていいんだ」「おやつをやめなくていいんだ」と軽い気持ちで始められるので、意外に量が減ったり、習慣自体がやめられたりと変化していくことが多いです。

面倒でも3日目だけお風呂に浸かる、夜のおやつを3日目だけは昼だけにするなど、体の負担を軽減する三日坊主できそうな習慣は、日常の中にあふれています。

体を変えるのに特別なことは必要ありません。

今日おやつを我慢したら、明日明後日はまた食べられます。
明日からではなく、今日からできることはじめてみませんか。