更年期

更年期は、閉経の前後10年ほどの期間。
思春期や成熟期、老年期などのように人生の中で迎えるある一定期間です。

更年期=ホットフラッシュや倦怠期などがあらわれる期間と思い込んでいる方が多いことに驚きますが、更年期と更年期障害は違います。
閉経による女性ホルモンの影響で、これまでにない症状があらわれるのは更年期障害で、更年期だからといって必ずしも不調があらわれるとは限りません。
成熟期に生理があるからといって、皆が生理痛持ちとは限らないのと同じです。
ちなみに生理の不調は、日々の不摂生や肩こり等、子宮・卵巣とは関係ない体のバランスの崩れが原因であることがほとんどです。

40代後半から50代に多い更年期は、閉経時期であると同時に人生の疲れが出やすい時期。
ケアなしで何十年も使ってきた結果、不調がたまたま更年期と重なっただけと思えるような症状も多く見られます。
何となくだるい、やる気がないと来院される女性が多いですが、婦人科で治療しても回復しないのはおかしい、やる気がないのは精神障害かもしれない、と思う前によく考えてみて下さい。
肩こりや腰痛、寝不足などこれまで何となくやり過ごしてきたことはありませんか。
これまでの生活のツケが回ってきてはいませんか。

自分の体を労り管理できるのは、医師や整体師ではなく自分だけです。
更年期だからと思い込むのではなく、この機会にゆっくり体の声に耳を傾けてみて欲しいと思います。