健康

実際通院もしていないのに「私は健康です」といえる人が少ないことを考えると、病気でない=必ずしも健康というわけでもないですよね。

実際WHO憲章でも健康の定義として
「健康とは、肉体的、精神的及び社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病又は病弱 の存在しないことではない」
“Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.”

とあります。
はっきり言って、そんな人はなかなかいないのではないでしょうか。

私の考える健康の定義とは

「病気の有無に関係なく、肉体的、精神的、社会的立場や状況も全て受け入れられている状態」

肉体的、精神的苦痛はないに越したことはないですが、生きていく上では必ず伴うもので、むしろ生きるために不可欠な生きている証拠。
社会的苦痛もないに越したことはないですが、現状を受け入れ考えることで、人生を切り開いて行くことが出来ます。

体の回復過程にも同じことがいえ、受け入れられず、嘆いてばかりで、何も回復していかない人。
受け入れることで、おのずと次にすべきことが見え、自然に回復へと向かえる人。

健康とは、生きるための対処力があるかどうかともいえる気がします。