将来不安


「もっとああしてみたい、こうしてみたい」

 

心身共に充実している人は、現状に満足しながらも希望に満ちた将来を思い浮かべるものです。

 

「病気になったらどうしよう」
「このまま年を取ってしまうのだろうか」

何となく気になる症状がある人は、あまりよろしくない先のコトばかり考えては、将来を不安に思い心も体もどんよりしています。
体の不安と心の不安は直結しています。

いきなり発症する病気は珍しく、多くは日々の生活習慣から引き起こされます。
病気になることに怯えながら生きているということは、病気になりそうな生活をしている自覚があるということ。

 

肩こり、むくみ、冷え、生理痛など何気ない症状が、長年慢性的に続くとよくないことを本能的に知っているからこそ不安になるのです。

体質と諦めている症状も、きちんと体と向き合うことで、意外にあっさりと改善されるかもしれません。


「病院に行くほどでもないけれど、何となくすぐれない」という方も一度お越しになってみて下さい。
てあてやさんは「毎日体と向き合いつらくなく過ごせれば、その延長にある将来ももっと楽しいはず」という楽天的なてあて師による整体院。

体が楽になると考え方も明るくなり、この先の人生も楽しめることをもっと多くの女性に伝えられたらと思っています。