2018/10/29
今や持っていない人の方が珍しいほどに普及したスマホ。 普及しはじめの頃は、今よりもタッチパネルの性能も劣り、扱いにくかったのもあってか、スマホ生活をはじめた人はすぐわかるほど、体への影響が大きかったのを思い出します。...
2018/10/22
更年期は、閉経の前後10年ほどの期間。 思春期や成熟期、老年期などのように人生の中で迎えるある一定期間です。 更年期=ホットフラッシュや倦怠期などがあらわれる期間と思い込んでいる方が多いことに驚きますが、更年期と更年期障害は違います。...
2018/10/01
てあて後の症状としてだるさが出ることがありますが、日常のだるさも体からの大切なSOSです。 体のだるさは、筋肉や内臓などの活動を抑えて、回復に全エネルギーを使いたいがためにあらわれる症状。 体を回復させるために必要な栄養を運んだり、老廃物を回収するのは血液なので、入浴後やてあて後に血液の巡りがよくなった時もだるさを感じます。...
2018/09/17
実際通院もしていないのに「私は健康です」といえる人が少ないことを考えると、病気でない=必ずしも健康というわけでもないですよね。 実際WHO憲章でも健康の定義として 「健康とは、肉体的、精神的及び社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病又は病弱 の存在しないことではない」 “Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of...
2018/09/10
「いきなり悪くなるのに、よくなるのは時間がかかる」 不調になるとよく耳にする言葉です。 ちょっとしたことで、すぐに不調を感じるのは、普段の使い方がよろしくないから。 本人が生きることを意識せずに不摂生していても、体は日々、懸命に生きようと頑張っています。 病気にまで至るのは余程のことです。...
2018/09/03
「もっと早く気付ければよかった」 自分の体と向き合えるようになると口にしたくなる言葉ですが、人生に「もしも」はなく、これまで苦しんだからこそ気付くこともあります。 病める時は気付きの時でもあり、どう体と向き合うかで今後の人生を大きく左右します。...
2018/08/06
基礎体温は、妊娠目的のためだけではなく、日々の体調をチェックするバロメーターです。 通常の体温計は36.○度までしか測れませんが、基礎体温は36.○○度表示。 初潮~閉経まで生理周期で微妙に高低する体温を測定するためのものです。 ストレスが多かったり体調がすぐれないと、体温が上がったり(排卵)、下がったり(生理)する周期に乱れが生じます。...
2018/07/30
「食事」「睡眠」「排泄」と同じくらい大切なのが適度な「運動」。 美容や健康目的のさまざまなエクササイズがありますが、どれもしっかり続けられたら素晴らしいものばかりです。 「している時はよかったけれど」というように問題は続けられないことにあります。 続けられるかどうかのポイントは大きく3つ。 自分に合ったものを選択しているか。...
2018/07/23
体は疲れるとつらくなるのは当たり前。 少し無茶をしても頑張らなければいけない時もあり、無理した後は体調を崩すこともあります。 不調は悪いことばかりではなく、いろんな気付きを与えてくれます。 大切なのは不調を受け止め、乗り越える力です。 不調は体からのSOSなので、回復するために寄り添ってあげなければいけません。...
2018/07/16
不調の原因の多くは生活習慣、つまりは自分の体の使い方にあります。 本来の使い方ができていないと、体は無意識下で回復や再生を行うことが出来なくなるので、痛みやだるさなどで訴えかけてきます。 一番わかりやすいのが生きる基本でもあり、現代人が一番疎かにしやすい「食べる」「出す」「寝る」の一日のサイクルです。...

さらに表示する