2019/09/08
「てあてとは何ですか?」とよく聞かれます。 カンタンにいうと「てあて」とは、つぼを押すことで滞っている血液を促し、全身にまんべんなく血液を流す療法です。 血液が滞っている場所は、コリや痛みを感じますが、血液は全身を循環しているので、どこか一箇所でも滞りがあると、やがて全身のあちこちに様々な症状が見られるようになります。...
2019/08/10
薬効成分を含まない偽薬を処方しても症状の改善がみられることをプラセボ(プラシーボ)効果といいます。 「薬でもないのに効くはずがない」と真っ向から否定してしまう方と、素直に受け入れて効果がみられる方がいますが、これまでおてあてしてきた中でも、信じ良くなりたいという想いが、体を修復する働きをより高める光景はよくみかけました。...
2019/08/04
暑さだけでなく湿度も相まって北海道らしからぬ夏。 食中毒も気になる季節です。 過去の食中毒の大流行で、その名を轟かした「O-157」。 現在も脅威の的となっていますが、「O-157」は数ある大腸菌の中で157番目に発見された奇形種。 この菌が作り出すベロ毒素はかなりの毒性がありますが、菌自体は実はとてもへなちょこなのです。...
2019/07/16
「修学旅行に生理にならないように低量ピルで調整する」 中学生から勧められるなんてとはじめて聞いた時は驚きましたが、最近では奨励する傾向が強い低量ピル。...
2019/06/24
女性の代名詞ともいえる「イライラ」。 人生の大部分を女性ホルモンに支配されて生きる女性につきものの症状です。 PMSや更年期障害も認知されてきましたが、男性にはまだまだ理解しがたい「イライラ」。 女性の側から見ても、かなり病的といえるほどにイラついている人もたまに見かけますね。...
2019/06/19
最大で自分の体重ほどもあるといわれる噛む力。 食事の際は1/4~1/2程度で咀嚼しているといいますが、食事以外でも意外に奥歯を噛みしめている人は多く、就寝時の場合には歯ぎしりとしてあらわれます。 噛みしめる大きな原因は何といってもストレス。...
2019/06/15
特別なこともないのにつらい。 体のバランスが崩れる原因は、大きな出来事よりも何気ない日常にあります。 大した料理をしなくても、洗い物やらで毎日1時間は立っていると思われるキッチンでの過ごし方もその1つ。 必要以上に力んで洗い物をしたり、包丁を握る。 台所のつくりや立ち癖で、左右どちらかに重心が偏った立ち方をする。...
2019/06/07
ボランティアなど特別なことをしなくても、健康でいることが社会貢献だと考えたことはありませんか? 誰でも手軽に病院で診療を受けられる国民健康保険制度。 診療代の2~3割は自己負担していますが、残りの7~8割は国民の納める税金によって賄われ、病院に関わるだけで沢山の人のお世話になっていることになります。...
2019/05/31
花粉症と同じく、今時期に悩まされることが多い日光湿疹。 真っ白な肌にブツブツ、赤く痒そうな姿は、とっても痛々しいものがあります。 日差しが強くなりはじめた初めの頃だけ発症するという人もいますが、夏の間もずっと全身露出することなく、日光と戦っている人も多いですね。...
2019/05/27
今年の十勝の春はひどい乾燥と雨不足。 一歩お外に出ればくしゃみや咳き込んでいる人も多く、人も農作物も大変な状況です。 そんな中、数年前は涙と鼻水まみれだった人がケロリとしているのを見ると、メンテナンスの大切さを感じさせられます。...

さらに表示する