2021/09/25
かつては体育や準備運動の定番だった「国民保健体操」ことラジオ体操。 最近は学校独自の体操があったりと、老若男女問わず誰もが知ってる体操ともいえないようですが、不調が増え始める昭和生まれの中高年世代にはお馴染みですね。 運動不足を嘆く女性におすすめしているのがラジオ体操。...
2021/08/05
ウォーキングは体の負担も少ないので、運動不足解消や健康維持に、まずはじめてみる人は多いですね。 しかし、果たして体はウォーキングしてもよい状態でしょうか? 一番多いトラブルは、足のすねや股関節、膝の疲労や痛みを感じ、結果的には挫折してしまうというもの。...
2021/07/25
薄着の夏は、体形が特に気になる季節。 中年太りの、これまでにないお腹周りの脂肪のつき方には、驚かされるばかりですが、そんな時試みようとするのが腹筋運動です。 しかし、やみくもに腹筋運動の動きをしても、全く腹筋は筋肉痛にならず、お腹もへこまずで、結局挫折してしまうという経験をしている人も多いはず。...
2021/07/20
これまでにない異変が体に起きた時、まず襲われるのが不安です。 はじめての経験なのもあり、今後どうなってしまうのだろうという不安。 本当に良くなるのだろうかという不安。 不調はこの不安との戦いでもあり、この不安をどれだけ早く取り除けるかが、改善への近道ともなります。...
2021/06/20
本来食べられていたものを、体が受けつけなくなる原因は、老化以外に大きくわけて以下の2つ。 過剰摂取による機能低下 ストレスによる機能低下 ストレスを過食で解消する人には、どちらも当てはまりますね。...
2021/06/15
年齢と共に食の嗜好が変わり、体に負担が掛かる食べ物は避けがちになりますね。 年相応であれば、内臓機能の低下による「老化」の一言で済ませることも多いですが、まだ若いうちに好きな食べ物を体が受付けてくれない場合は、嘆かずにはいられませんね。...
2021/06/10
北海道の花粉といえばスギよりシラカバですね。 体外にあるものはすべて体にとっては異物なので、解毒処理が必要ですが、花粉もそのひとつ。 花粉症でない人であっても、花粉に鼻を近づけるとくしゃみが出るように、花粉症とそうでない人の違いは、花粉という異物の処理能力の問題。...
2021/05/20
生まれつきの機能の弱さなどが原因の先天性の症状と、生まれた後にあらわれる後天性の症状。 先天性の場合は、成長するにつれ機能が高まることで、改善されていく場合もあり、逆に後天性の場合は、これまでの生き方が主な原因のため、生活を改めなければ、症状がどんどん悪化していく傾向にあります。...
2021/04/25
生理に関与するのは、内膜が剥がれ落ちる子宮や女性ホルモンを分泌する卵巣だけと思っている人も多いと思いますが、女性ホルモンを分泌するのは卵巣だけではありません。 卵巣がホルモンを分泌するには、脳から分泌を指示するホルモンも必要で、いくつかの女性ホルモンが脳と卵巣を行き来することで、生理は引き起こされます。...
2021/04/20
生理による毎月大量出血を考えると、女性は男性よりも血液に支配される人生ともいえます。 ゆえに「冷え」は昔から女性の大敵とされ、血液循環が毎月の不調に直結しています。...

さらに表示する